プロフィール  -Profile-

 

 

アート書家 原田愛子  -Aiko Harada-

 

 

11月18日生まれ。神奈川県出身。

 

書道師範、介護福祉士、栄養士の免許をもつ。
書道・筆文字・ペン字講師
毎年、鎌倉で個展を開催
国内・海外でアートイベントやギャラリー展に参加し続けている。
 
 
書道との出逢い
 
高校時代に書道部で準師範を取得、その後は
鎌倉女子大学短期大学部家政科で栄養士の資格を取得。
その時は書道は趣味程度の感覚でした。
一般企業に勤務、その後介護の資格を取得し老人ホームに介護士として転職するが
子供の頃からの側彎症が悪化、体調を崩し精神的にも不安定になり休職となる。
その頃より毎日のように筆で絵や文字を書くようになる。

 

 

愛子de書って?

 

抑うつと診断され休職となったその頃から、心の内を筆で書くことで表現するようになる。 
書かされている感覚、自動筆記と呼ばれる現象が起きるようになり、
抽象的な映像が次から次へと頭に浮かび上がり、
浮かんだものを描き起こしていった。
その後しばらくして言葉が浮かび始めるようになり、
筆で文字も書くようになる。
愛子 de 書という、絵と書を組み合わせたものはここから生まれた。

 

 

2013年より書道&筆文字人生がスタート
 
個展やギャラリー展、アートイベントで活動を始める。
書道師範を取得し、書道教室のアシスタント、朝書道の講師を務めた。
絵と書道を組み合わせたものから、和紙を貼り、貝を貼り、砂を貼り、
オリジナル作品を制作。
アート書をもっと身近に感じてもらえるように、木製グッズも展開。
国内・海外での展示会やグループ展なアートイベントに参加。
 
 
毎年鎌倉で個展を開催
 
学生時代を過ごした鎌倉の地、介護の仕事をしていた鎌倉の地、
鎌倉はたくさんの想いが詰まった場所。
色々なことがあったけれど、
鎌倉の海、風、景色、出逢った方々に
たくさんたくさん救われてきました。
笑顔になれる場所、素直になれる場所、
そんな大切な場所です。
これまでたくさんの人に迷惑をかけてきました。
その方々に恩返しができるように
これからも元気で書き続けたいです。

 

 

書く・描くことへの想い

  

絵や字を書くことは、子供の頃から好きでした。
自分と向き合う時間が多くなる度に気づいたら筆を持ち絵や文字を書く日々が続くようになりました。
日頃、心に感じた想いや、大切な人に伝えたいメッセージを絵と書で表現し、
書くことが生きがいと感じるようになりました。
言葉によって救われる想いがある、手書き文字から伝わる想いがある、
活動を通して出会った人々から貰ったかけがえのないものは宝物で、
書くことが生きる喜びと感じる日々、そんな自らの経験をもとに、
書くことは楽しいという気持ちを多くの方とシェアしたいと思います。
 

 

誰か一人でも書に興味をもってもらえるならば、見て楽しんでくれる方がいるならば、

これからも書き続けたいという気持ちが強く湧き上がるようになり、

現在は書とアートで自由に表現する楽しさを伝えたいという想いを胸に活動を続けています。

 

心があたたかくなるような

ほっとするような

優しい気持ちになれるような

心の癒しになってもらえるような

HAPPYな気持ちになってもらえるような

そんな書をこれからも書き続けていきたいと思っています。

 
 
【展示歴】
 
・鎌倉、上野、銀座、イタリアミラノ、ロンドンなど
 展示会、アートイベントに多数参加
etc...
 
【仕事歴】

  

・看板、ポスターのデザイン制作 
・ロゴデザイン制作
・表札文字の制作
・オーダーメッセージカード、色紙の制作
etc...
 
⇒これまでの仕事はこちら